このエントリーをはてなブックマークに追加

腸内環境と免疫システムの関係

腸内環境を悪玉菌優勢にすると免疫力も低下し、老化も進む

免疫とは、異物とそうでないものを区別する能力です。
外から私たちの体に侵入しようとするウィルスなどの病原菌を、自分のものではないと判断し、攻撃してくれることで、感染症などの病気に関わらないように守ってくれています。

また、免疫は体内で異常に増殖しようとする細胞がないか、いつも見張ってくれていれ、細胞が暴走して増殖し出すと、これを止めてくれるので、私たちはがんにならずにすんできます。
このような免疫の働きを免疫システム、免疫系といいます。

私たちの体は、さまざまな免疫細胞や細菌によって、幾重もの防御システムで守られています。
例えば、皮膚では常在菌によって、血液では白血球が、リンパ管ではB細胞やT細胞、NK細胞などが外敵を攻撃して、私たちの体を外敵から守ってくれています。

その免疫の70パーセントを腸が作り、残りの30パーセントは心が作るといわれています。
つまり腸は私たちの体の中の、最大の免疫組織であり、腸内細菌が免疫組織を活性化してくれています。

従って、腸内細菌の数が減ったり、バランスが崩れると、免疫組織が活性化できないので、免疫システムに異常をきたし、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなったり、生活習慣病やがんなどの病気が起こりやすくなるのです。

また、腸内細菌は活性酸素の発生にも密接に関係しています。
腸内細菌の悪玉菌が増えれば、活性酸素がたくさん放出されるので、私たちの体は老化しやすくなります。
また、がんの発症にも活性酸素がかかわっているので、がんにもなりやすくなります。

私たちの腸は60歳を過ぎると、働きが悪くなります。
それまでの腸内フローラは、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が優勢だったのに、次第に悪玉菌が増えてきて、バランスが逆転します。
そうすると免疫力が低下し、さまざまな病気にかかりやすくなります。

そのため、60歳前後から意識して、乳酸菌などが豊富に含まれた発酵食品や、腸内細菌のエサとなる食物繊維が豊富な野菜や果物など、腸が喜ぶ食べ物を積極的に摂る必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事