このエントリーをはてなブックマークに追加

「喉が渇いたから水を飲む」では遅過ぎる

夏になると、高齢者の熱中症による脱水症状が問題となります。脱水症は時に命を失いかけない、大変危険な状態です。

老化は、体から水分が抜けていくことでもあります。その証拠に、新生児は体の約80パーセントが水ですが、成人は約60パーセントと水分が減り、高齢者の場合さらに少なくなります。

また、毎日、約2.5リットルの水が、私たちの体から汗や尿、便となり排泄されます。従って、失われた水分を飲み水や食事から、常に補充する必要があります。しかし、食事から摂取できる水分は約0.7リットル程度であり、体内でたんぱく質や炭水化物、脂肪などが燃焼して作られる水分が約0.3リットル程度なので、残りの1.5リットルを飲み水として補充しなければなりません。

ところで、私たちは果たして、1日に1.5リットルもの水分を摂っているでしょうか。トイレが近くなるのが嫌だとか、喉がかわいていないからとか、汗をかくようになるからといってついつい水分の摂取を控えてしまい、水分を摂ることをさほど重要視していないように思われます。

ところが加齢に伴い、喉の渇きを感じる感覚も鈍くなってきています。実は体が水分を欲しているのに、それに気づかないことも多く、その結果、知らないうちに、脱水症状で倒れてしまった、ということになりかねません。

「喉が渇いたから水を飲む」では遅過ぎるのです。

私たちの体に入った水分は、血液やリンパ液の中に入り、栄養素や酸素を全身に運び、いらなくなった老廃物を体から出してくれます。また、体温や体内の浸透圧を一定に保ったり、血圧や血糖値も一定に保つなど、体内の機能を調節してくれる水は、私たちの体になくてはならない栄養素といえます。

歳を重ねるほど意識し、喉が乾く前に補給をしてほしい水ですが、健康の為にはどんな性質の水を体に入れるのが良いでしょうか。

水道水は塩素が含まれていて、塩素が体内に入ると活性酸素が発生します。さらに、水道水に含まれる有機物と塩素剤が反応して、トリハロメタンという物質ができます。これが発がん性物質の1つといわれる有害物質です。

体にいい水、細胞が喜ぶ水とは、人の手を加えていない生水です。つまりミネラルウォーターです。

ミネラルの含有量で軟水と硬水に分かれます。硬水はカルシウムやマグネシウムが多いのでお勧めですが、腎臓などに負担がかかる場合もあるので、持病のある方は医師に相談するのが良いでしょう。

プシュケー購入ページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事