風邪予防は手洗い・うがいをしすぎないこと!?

手洗いをするにしても、必要な免疫までも、洗い流している可能性があります。

手洗いうがいをよくしなさいと言われた経験ありませんか!?

インフルエンザや風邪の流行時期になると、手洗い・うがいが推奨されます。
それは手や喉についた細菌やウィルスが体内に入らないようにする感染予防のためです。
そんな手洗い・うがいですが、あなたはどのように行なっていますか?
また、1日にする回数はどれほどでしょうか?

実は、手洗いやうがいをするときに、
石鹸やうがい薬がなくても、水だけで、十分に洗い流す事ができます。

なんでも、やりすぎはよくない。

私たちの体には、さまざまな菌が棲んでいます。
それを、常在菌といいます。
菌ときくと、なんでかんでも悪そうなイメージに感じられますが、
私たちの健康と密接に関係している菌もあります。

例えば、腸には乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌などの腸内細菌が、
皮膚には表皮ブドウ球菌やアクネ菌などの皮膚常在菌など、
たくさんの菌が私たちの免疫力を高め、体を守ってくれています。

ところが、石鹸を使って皮膚を1回洗うと、
皮膚常在菌の90パーセントが洗い流されてしまいます。
残った10パーセントの菌が増殖して、元の常在菌の状態に戻るには、
なんと、12時間もかかります。

人は、常に病原菌のリスクにさらされています。
無菌状態でいられる事はまず、ありません。
常在菌が減って、免疫力が低下するリスクを考慮すると、
石鹸を使っていいのは、せいぜい1日2回までと考えられます。

もう少し、免疫の話をしますと、私たちの体には、転んだり、
擦りむいたりして体に傷かできると、そこに白血球などの
免疫細胞が含まれた浸出液を出して、自ら傷を治そうとする力があります。

しかし、消毒液は自ら傷を治そうとしている浸出液の中の成分も殺してしまいます。

その時の状況にもよりますが、
治療の現場でも、むやみに消毒液などの薬を使うことが見直されてきています。

また、口の中にも常在菌があります。
しかし、口の中の常在菌で、私たちに害を及ぼす菌はほとんどありません。

ただ、口の中にもさまざまな菌が無数にあるので、
食べカスとくっついた菌が、悪玉になってしまう可能性はあります。

しかし、私たちは唾液という、自ら浄化する機能を持っています。
もし、唾液で殺菌できず、体内に入っていったとしても、
胃の中で、ほとんどの悪玉菌は死んでしまいます。

最近は手洗いだけでなく、口腔内を殺菌するグッズも広く出回っています。
その一つが「目覚めたらすぐに口をすすぎましょう」とすすめる、
口腔ケア用品のコマーシャルです。

また、うがい薬の中には強い殺菌作用を持つものがあり、
習慣的に使用すると粘膜を傷つけることがあります。

自らの常在菌とうまくつきあって、免疫力を高める事が大切!

風邪やインフルエンザの予防の為に、薬用石鹸で1日に何度も手を洗ったり、
消毒薬の入ったうがい薬で何度もうがいをするのは、粘膜を傷つけたり、
自ら殺菌しよう、治そうとする力を奪い、
かえって風邪やインフルエンザにかかりやすくなるなど逆効果です。

手洗いやうがいをするなら、水だけで十分です。

また、万一、こうした消毒薬が腸の中に入っていくことで、
腸内細菌が著しく減っていき、その結果、
がんや老化を招く活性酸素の増加につながる可能性があることもあります。