お腹を温めて夏冷え知らず

今年も夏本番、暑い季節が続いていますね。
暑さでバテたりする事もありますが、夏で困る事の一つが夏冷えではないでしょうか。

日中暑い外から、急にエアコンのがんがん効いた電車や室内に入る、
また、良く冷えた飲み物を一気に飲みほす、
アイスやかき氷を食べる頻度が多くなるのもこの季節です。

この、暑い-冷やす-暑い-冷やすが結果的に内蔵の負荷を高める事で
働きが悪くなり、腹痛や血流が悪くなったりして夏冷えしてしまう事が多いです。

内蔵の働きが悪いと便秘や下痢の原因にもなりますし、
きれいな血液が身体全体にいきわたらない為、疲労の原因につながったり、
お肌が荒れたり顔色が良くない、女性でしたら化粧がのらないといった症状がでます。
新陳代謝の低下による免疫力が落ちる事で、風邪をひきやすくなったり、
しっかり寝ても眠気がとれなかったり、だるさが残ったりという事がおきます。

夏冷えを抑えて身体の不調を改善する為に、
・お腹を冷やさない
・水分は冷たい飲み物より暖かい飲み物(常温のもの)
・十分な睡眠
・発酵食品を食事に加える
・乳酸菌入りの食品や飲み物でカバーする
(乳酸菌だけ摂れば良いというわけではない・バランス良く)

上手に活用して、夏冷えを防いで元気に夏をのりきりましょう!!