ウォーキングのすすめ

セロトニンを増やし、うつ病などの予防や改善策として、有効なウォーキングですが、腸のための観点からみてもウォーキングは腸の動きを促進するためにおすすめです。

ウォーキングにより身体の器官が振動の刺激により蠕動運動が活発になるからです。
蠕動運動が活発になると、便意が催されるため、便秘の解消にもつながります。

また、ウォーキングによって血流が盛んになることで筋肉や器官が温まります。
腸が温まると善玉菌の動きが活発になり、増殖しやすくなります。

身体は運動量を減らすと疲れを感じやすくなってしまうため、意識的に身体をうごかすように心がけましょう。

ウォーキングの時間の目安としては、よく20〜30分以上が良いと言われてきました。

最近では時間が見直され、特にこれといった数値の決まりはないようです。

ウォーキングで慣れていない時に無理をしない、心地よく動いている程度が望ましい為、
普段歩きなれている人とそうでない人では距離も時間も異なります。

なかなか時間がとれないといった場合であれば、通勤通学時間を利用する、
少し歩く距離を伸ばす、隣の駅からあるいてみるといった事も効果的です。