このエントリーをはてなブックマークに追加

がんによる死亡者は増え続けている

現在、男性の3人に1人、女性の4人に1人ががんで亡くなっているほど、がんによる死亡者は増え続けています。

男性と女性では死亡率が高いがんの部位が異なります。

男性のがん死亡率が高い部位は、
①肺がん、②胃がん、③大腸がん、④肝臓がん、⑤膵臓がん、⑥前立腺がん、⑦食道がん、⑧白血病
の順です。

女性のがん死亡率が高い部位は、
①大腸がん、②肺がん、③胃がん、④膵臓がん、⑤乳がん、⑥肝臓がん、⑦子宮がん、⑧白血病、⑨食道がん
の順になります。

女性より死亡率が高い男性は、喫煙や飲酒、過食等生活習慣を見直す事で、肺がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、食道がん全ての死亡率の改善につながります。

女性のがん死亡率が圧倒的に高い大腸がんは、内視鏡検査での早期発見がとても大事です。進行がんに発展すると治療がとても大変になる為、もし、恥ずかしさがあっても大腸検査を積極的に受診すべきと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事