このエントリーをはてなブックマークに追加

老化防止の秘訣は腸内環境!腸活で今日からアンチエイジング!

あなたの腸内細菌、元気ですか!?生活習慣を見直して、腸内環境を改善しましょう!

ポイントは腸内細菌のバランスにあった!

さまざまな研究において、腸は単なる消化器官ではなく健康や肌のハリ・保水量、肥満、脳の働きにも大きく関係していることがわかってきました。
一般的にも、腸内環境を整えることは美と健康につながることが知られるようになっています。

腸内環境を整えるには、まず腸の働きを知ることが大切です。
腸は消化吸収を担う小腸と、便を作り排出する大腸から成り立っています。
腸管にはなんと約70%もの免疫細胞が宿っており、ウイルスや病原菌から体を守っているのです。

また、脳を休めてリラックスさせるホルモン・セロトニンの約90%が腸内で作られています。
健康や肌に影響を与えているのは、9,000兆個も存在する腸内細菌です。
腸内細菌は、健康維持に欠かせない善玉菌・老化と関わっている悪玉菌・状況次第で善玉にも悪玉にもなる日和見菌が存在しています。

この3つの菌は、善玉菌20%・悪玉菌10%・日和見菌70%がおすすめのバランスです。
腸内細菌のバランスを保つことが、健康で若々しい体と老化防止につながっていきます。

今日からできる、腸内環境を整える方法とは!?

では、どうすれば腸内環境を整えることができるのでしょうか。
腸は唯一、健康状態を自分でコントロールできる臓器です。
毎日の食事内容を意識することで善玉菌を増やし、理想的な腸内環境を作り出すことができます。

まずは、野菜やキノコ類から食物繊維を積極的に摂取してみましょう。
ひとつの食物に含まれる栄養素は、それぞれが関与しあって体に影響しています。

野菜やキノコには食物繊維だけではなく、ビタミンやミネラルも含まれているのです。
そのため、これらが総合的に作用して便の状態がよくなり、善玉菌の増加にも効果が期待できます。

また、チーズやみそなどの発酵食品、ヨーグルトや乳酸菌飲料も有効な食品です。
これらには「プロバイオティクス」という微生物が含まれており、ビフィズス菌や乳酸菌を増やしてくれます。

結果、腸の蠕動運動が活発になって便通もよくなり、善玉菌優位の腸内環境が作られていくでしょう。

毎日の習慣を改善が、腸を元気にする!

ビフィズス菌や乳酸菌は、整腸作用だけではありません。
皮下脂肪や内臓脂肪の蓄積を抑え、血中コレステロールを低下させる効能があることもわかっています。

食事のほかにも、腸を整えるのは毎日の習慣です。
特別なことは必要ありません。
ストレッチやウォーキングなどの適度な運動、規則正しい生活、ゆとりをもって行動する、趣味や前向きな考え方でストレスをためないといった何気ない普段の生活が大切なのです。

今日から腸活を始めて、いつまでも若々しく健康な体を目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

  • 関連する記事はありません。