このエントリーをはてなブックマークに追加

心身の健康の基本!「腸内フローラ」とは

最近よく耳にする腸内フローラとは!?ポイントは善玉菌と悪玉菌のバランスにあった!

腸の中のお花畑にはすごい役割がある!

人間の腸の壁には、さまざまな種類の腸内細菌が無数に棲みついています。
腸の壁にびっしり張りついた腸内細菌は、その数も種類もまだはっきりとは解明されていません。
少なくとも1000兆個以上、300種類以上の腸内細菌が人間一人につき、存在しているであろうと推定されているだけです。
その、全体の重さはなんと1キロ以上にもなります。
腸の中でお花畑(フローラ)のようにグループを組んで棲息しているために「腸内フローラ」と呼ばれています。

無数の「細菌」といっても、いわゆる病原菌とは違い、腸内細菌の多くは私たちの体にとっていいことをしてくれています。
例えば、発酵によって腸に入っってきた食べ物を体のためになるものに変えてくれています。
また、腸の働きの代表例である、「免疫力」も、この腸内フローラが密接に関わっています。
腸内フローラが腸管に入り込んだ病原菌を外に追い出しているのです。
また、腸内フローラが作り出す乳酸などが、腸内を酸性にすることで、病原菌の繁殖を防いでもいます。
その他にも、糖や脂質の代謝を盛んにしたり、体を整えてくれるビタミンやホルモンを作るのにも、この腸内フローラの働きは欠かせません。
ですから、セロトニンなどの合成にも、腸内フローラは大きく関わってきます。

腸が便を排出するための「ぜん動運動」も、腸内フローラが手助けをしています。
実は便秘ほど、人間の体を蝕むものはありません。
腸内の悪玉菌が増殖して暴れ出し、血流の悪化や、肌荒れ、老化をはじめ、ありとあらゆる変調が起きるのです。
便秘を予防する第一の方法として、腸内環境を整え、腸内フローラを正常な善玉菌優勢の除隊に保つことは欠かせません。
腸内フローラの中には、肝臓や腎臓をはじめとした各種の臓器にも関係して、その機能を生かすために働いている菌もたくさんいます。

一般的に、腸内フローラには善玉菌と悪玉菌があって、乳酸菌のような善玉菌は体の役に立つが、大腸菌などの悪玉菌は健康を害する、とよくいわれてきました。
ただ、最近の研究では、腸の中の悪玉菌が増えれば有害な毒素を生成させる危険性は高まるとしても、健康な状態なら、うまく善玉菌と共存して、その働きを支えているケースもあることがわかっています。
人間の体の健康は、腸内フローラが作っているといっても過言ではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事