一生健康なひけつである腸内フローラ作りは生まれた瞬間からはじまる

赤ちゃんの腸内フローラの構成は、3歳頃までのお母さんの腸内環境の状態と関係がある

赤ちゃんは生まれる前、胎内では無菌状態で育ちます。
出産が普通分娩だと、産道を通る際に母親から様々な菌を取り込んでいき、さらに外では、周囲の微生物に接触、感染していきます。
産道は、腸内と非常に似通った細菌環境にあって、そこを通る赤ちゃんの口から細菌が侵入、感染して、そのまま腸内に棲みついてしまうのです。

となれば、赤ちゃんの腸内環境をみる上で、お母さんの腸内環境はとても重要になります。
もしお母さんが妊娠時、ストレスや暴飲暴食によって悪玉菌優勢の、「悪い腸」の状態だったとしたら、それがそのまま赤ちゃんに伝えられてしまうからです。

ごく一般的にいえば、赤ちゃんの腸の中には、生後3〜4日くらいで、善玉菌の代表ともいえるビフィズス菌が増加して、腸内フローラの中でも最も多くなります。
悪玉菌として、増えると人体に悪影響を及ぼす可能性のある大腸菌などは、その千分の一くらいの存在となります。
つまり、生まれた当初は、お母さんから引き継いだビフィズス菌が腸を健康に保ってくれるのです。
赤ちゃんのウンチが黄色っぽく、あまり臭いがないのも、ビフィズス菌優位の腸内環境だからです。
赤ちゃんのビフィズス菌優位の腸内環境は、あくまで一時的で、1歳半から2歳くらいまでの離乳期になると、成人型のビフィズス菌と入れ替わり、ようやく腸内フローラも安定期に入ります。
言い換えると、その頃までに、その子の腸内フローラの構成が決まってしまうということになります。
お母さんの体調だけでなく、離乳食の内容などが大きく関係してくる時期です。

人間一人ひとりの腸の中の腸内フローラの構成は、みんな違います。
兄弟や双子であってもまったく同じにはなりません。
腸内フローラの基本となる菌は2歳ころまでに固まってしまいますが、その菌の比率はそれ以降大きく変化します。
大人になってから、暴飲暴食を繰り返したり、生活環境が乱れていれば悪玉菌が優位になりますし、反対に規則正しい、生活を送っていれば善玉菌優位を安定して保てたりもします。

近年では、子供の頃のしつけや教育ばかりが重要視されがちですが、むしろこの頃に大事になるのは、腸の環境にあるといえます。

赤ちゃんとゆっくり接する時間がなかなかなかったり、インスタント食品など、食品添加物の多い食べ物の大量摂取の様々な要因が、腸の発育不全をひきおこし、その後の心身の状態に関わってくるのです。

離乳期を終えて3歳くらいになると、人間の人格や心に関わる腸の基底顆粒細胞がほぼ出来上がってくる時期になります。
大人が食べるような食事の内容とほどんど同じになるので、食べ方など食習慣がとても大事になるころです。
また、家の外にいる機会も増えてくる頃でもあり、日常生活の過ごし方や接し方が重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。